So-net無料ブログ作成
検索選択

DMM.com証券の画面レイアウトは使いやすいかどうか。 [DMM.com証券 チャート ツール]

あなたはFX業者の提供しているツールの機能を十分に使いこなせているでしょうか??


大体、どこのFX業者でも画面のレイアウトを変更できるようになっているので、

よく使うウィンドウを大きくしたり、逆に、まったく使わないウィンドウを消したりと、

自分の使いやすいように、画面レイアウトをカスタマイズしていますか??



DMM.com証券でも、画面のレイアウトを自分の好きなように変更できますので、

よく使うチャートを大きく表示させたり、いらない通貨ペアを表示にするなどといったことができます。



また、デイトレやスイングトレードのように、ポジションをある程度持つ期間が長くなるようであれば、

保有ポジションの一覧を表示させた方が良いですし、

スキャルピングでポンポンと注文を何度も入れるようなトレードをしている場合には、

売買履歴を表示させておくと良いので、

自分のトレードスタイルに合わせて使いやすいように、画面の配置をどんどん変えていきましょう。







共通テーマ:マネー

DMM.com証券で使える分析ツールについて [dmm.com証券 チャートツール]

どこのFX業者で口座開設するかを判断する基準として、自分の使いたい分析ツールが導入されているかどうかを気にする人もいますが、

FX業者のチャートツールは決して使いやすいものではないので、チャート機能で比較するのはあまり良いやり方ではありません。


チャート機能の使いやすさでいえば、チャート専用ツール(メタトレーダーなど)にかないませんので、

よほどの理由がない限り、チャートの分析にはそちらを使うほうが良いです。



しかし、特殊なチャートになると、汎用的なチャートツールでは表示できないことがあり、

たとえばカギ足などは、メタトレーダーでは表示できずマネーパートナーズやFXプライムのチャートツールを使う必要があります。


他にも、分析ツールとしてペンタゴンチャートというのがありますが、こちらを使えるのフォーランドフォレックスくらいです。


移動平均線やRSIなど、一般的な分析ツールを使う分には、困ることはありませんが、

使用者の少ない特殊な分析ツールを使うには、採用しているFX業者を探すのにちょっとした苦労があります。





DMM.com証券
DMM FXの公式サイトで最新のキャンペーンを確認する


DMM.com証券のもっと詳細なレビュー情報がこちら→










共通テーマ:マネー

DMM.com証券の自己資本規制比率は安全な水準か [DMM.com証券 自己資本規制比率]

DMM.com証券の自己資本規制比率は300%台で、この数字が高いか低いかで言えば、

高いわけでもなく低いわけでもありません。


ただし、安全かどうかでいえば安全な水準であることは間違いなく、あの老舗FX業者のひまわり証券だって200%台しかないのに、

それでも安心・安全なFX業者として、良い評判がずっと継続しています。



自己資本規制比率は、インヴァスト証券のように1000%以上を誇るFX業者もありますが、

算出される式にもあるとおり、この数字はある程度、FX業者側で操作することが可能な数字でもあり、

一定水準さえ保っていれば問題ありません。



さすがに100%台というのは心もとないという気がしますが、300%台をキープしていれば、

簡単に言えば、自己資本の3倍以上の為替差損を一瞬にして被るようなことがない限り、倒産するようなリスクはありません。


DMM.com証券
DMM FXの公式サイトで最新のキャンペーンを確認する


DMM.com証券のもっと詳細なレビュー情報がこちら→











共通テーマ:マネー

DMM.com証券は確定申告の書類作成は簡単 [DMM.com証券 確定申告]

FXで利益を積み重ねていけるようになり、儲かるようになったら、確定申告の手続きが必要になります。


この際、提出は必須ではないものの、どうやって収入を得たのかを証明する書類を求められることがあるのですが、

これはFX業者から発行してもらわないといけません。


この書類作成のサービスが会社によってまちまちで、中には電話で問い合わせをしたりわざわざ申請書類をあなたが作成して、

FXで収益を証明する書類を取り寄せなければいけないところもあります。



DMM.com証券では、書類作成に必要な手間が数クリックでできてしまいます。


書類をするための機能があらかじめシステムに搭載されているため、

あなたのトレード履歴の詳細や、年間収支報告書など、必要とされる書類はすべてオンラインで発行してくれます。


確定申告の時期になってあわてて書類を用意する必要がないので、

こういった点も、FX業者の使いやすさというのがわかれます。





DMM.com証券
DMM FXの公式サイトで最新のキャンペーンを確認する


DMM.com証券のもっと詳細なレビュー情報がこちら










共通テーマ:マネー

DMM.com証券のチャートツールは見やすいか?? [DMM.com証券 チャート ツール]

FX業者では、必ずリアルタイムで相場をグラフィカルに表示してくれるチャートツールがついていますね。


ローソク足やバーチャートなどの表示を変えたり、5分足、1時間足、日足など時間足を変えたり。


チャートは短期売買をする上で必須のツールになりますが、FX業者で用意をしているものは、

メタトレーダーなど高機能なチャートツールに比べると非常に使い勝手は悪いです。



DMM.com証券でもたくさんの分析ツールを使うことはできますが、たとえば、移動平均線は同時に3つしか表示できないという制約がありますし、

用意されている分析ツール以外は、使うことはできません。
(メタトレーダーは、数々の無料分析ツールを各個人の裁量で自由にインストール・表示をすることができます)


多機能なチャートツールを使ってしまうと、FX業者のチャートツールはあまり使わなくなります。


どちらかというと、メタトレーダーなどで相場を監視しながら、注文時にFX業者を使う、という流れが一般的なトレードの流れになってきます。



ただし、メタトレーダーにはないチャート機能を備えている場合もあります。


たとえば、10分足や4時間足などを表示できるのは、DMM.com証券のチャートツールの大きな特徴です。


それに、フォーランドフォレックスではペンタゴンチャートという玄人受けする分析ツールを備えているので、

そのツールを使いたいがために、FX口座をわざわざ開設すると言う人もいます。





DMM.com証券
DMM FXの公式サイトで最新のキャンペーンを確認する


DMM.com証券のもっと詳細なレビュー情報がこちら→










共通テーマ:マネー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。