So-net無料ブログ作成
検索選択
DMM.com証券 チャート ツール ブログトップ

DMM.com証券の画面レイアウトは使いやすいかどうか。 [DMM.com証券 チャート ツール]

あなたはFX業者の提供しているツールの機能を十分に使いこなせているでしょうか??


大体、どこのFX業者でも画面のレイアウトを変更できるようになっているので、

よく使うウィンドウを大きくしたり、逆に、まったく使わないウィンドウを消したりと、

自分の使いやすいように、画面レイアウトをカスタマイズしていますか??



DMM.com証券でも、画面のレイアウトを自分の好きなように変更できますので、

よく使うチャートを大きく表示させたり、いらない通貨ペアを表示にするなどといったことができます。



また、デイトレやスイングトレードのように、ポジションをある程度持つ期間が長くなるようであれば、

保有ポジションの一覧を表示させた方が良いですし、

スキャルピングでポンポンと注文を何度も入れるようなトレードをしている場合には、

売買履歴を表示させておくと良いので、

自分のトレードスタイルに合わせて使いやすいように、画面の配置をどんどん変えていきましょう。







共通テーマ:マネー

DMM.com証券のチャートツールは見やすいか?? [DMM.com証券 チャート ツール]

FX業者では、必ずリアルタイムで相場をグラフィカルに表示してくれるチャートツールがついていますね。


ローソク足やバーチャートなどの表示を変えたり、5分足、1時間足、日足など時間足を変えたり。


チャートは短期売買をする上で必須のツールになりますが、FX業者で用意をしているものは、

メタトレーダーなど高機能なチャートツールに比べると非常に使い勝手は悪いです。



DMM.com証券でもたくさんの分析ツールを使うことはできますが、たとえば、移動平均線は同時に3つしか表示できないという制約がありますし、

用意されている分析ツール以外は、使うことはできません。
(メタトレーダーは、数々の無料分析ツールを各個人の裁量で自由にインストール・表示をすることができます)


多機能なチャートツールを使ってしまうと、FX業者のチャートツールはあまり使わなくなります。


どちらかというと、メタトレーダーなどで相場を監視しながら、注文時にFX業者を使う、という流れが一般的なトレードの流れになってきます。



ただし、メタトレーダーにはないチャート機能を備えている場合もあります。


たとえば、10分足や4時間足などを表示できるのは、DMM.com証券のチャートツールの大きな特徴です。


それに、フォーランドフォレックスではペンタゴンチャートという玄人受けする分析ツールを備えているので、

そのツールを使いたいがために、FX口座をわざわざ開設すると言う人もいます。





DMM.com証券
DMM FXの公式サイトで最新のキャンペーンを確認する


DMM.com証券のもっと詳細なレビュー情報がこちら→










共通テーマ:マネー
DMM.com証券 チャート ツール ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。